Teledirectのデジタル研修ツールは、魅力的な体験学習の機会を提供することを目的としています。

お客様が問い合わせをしてくる理由のトップ20は、商品の機能、プロセス、コミュニケーションスキルまたはシステムの入力のいずれかに関係するものです。Teledirectは、製品の特徴、プロセス、システムの操作や対人スキルよりも対応状況に合わせた柔軟性の訓練を重視しています。従業員一人ひとりに合わせたオーダーメードの学習機会を提供することで、すべてのオペレーターが学んだ知識を最大限に活用して個人的にも職業的にも成長できる環境づくりに努めています。

Teledirectは継続的な個人学習の価値を実証、体現、理解する人材を雇用しています。自主性を促し、それに報いる環境、ツールなどの提供で従業員が学習目標を達成できるように支援しています。

  • Quicklearn
  • SAP (LMS)
  • 知識ベース (KB)
  • 画面録画

Teledirect Universityは、スキル向上とキャリア促進を図る当社の不変の取り組みです。

Teledirectでの研修は、単に認定取得に留まらず、受講修了したことへの努力の証としてバッジと賞が贈られます。このバッジは成果として記録され、年間業績評価の際に加点として考慮されます。

GROWコーチング手法は、Eコーチングシステムと組み合わせることで、従業員の習熟度やキャリア開発の進捗をモニタリングすることに役立ちます。Eコーチングは、従業員のパフォーマンスとコーチングにギャップが生じた場合、システムが早い段階で注意を促し、適時適切な研修を受けられるように指導します。デジタルツールはコーチングに最大限の可視性をもたらします。

以下、分析から結果の測定、定着に至るまでの系統的な手法です。

ニーズ分析 / プレ研修

パフォーマンス目標を理解し、パフォーマンスギャップや問題点を特定する研修で解決できる問題点を特定する

評価および研修目標

研修の学習成果および測定方法を決定する研修課題および要素を特定する

システムおよびプロセスのレビュー

研修で習得するスキル・知識の活用を支援するためのサポートおよび必要な変更を決定する

研修プログラムの開発 / 研修内容の策定

適切な研修プログラムの開発 / 研修内容、事例、ロールプレイ、評価タスクを策定する

パフォーマンスベースラインの設定

研修の効果を測定するためにパフォーマンスベースラインを研修実施前に設定する

研修の試験的実施および展開

試験的な研修をサンプルグループに実施、必要な調整の上、研修を提供する

実施後の知識強化

知識強化と十分なスキル移植をした上、コーチングおよび実地評価を通じて研修効果を維持する

eコーチングシステムフローチャート

OKをクリックして通話を開始します キャンセル OK